伊藤 広光Itō Hiromitsu

お酒に出会ったのはオーストラリアで20歳を迎えたとき。仲の良い友人にウイスキーを勧められバーに通うように。お酒を勉強するためにオーストラリアではホテルバーで勤務。日本に帰ってきた際に、日本のバーのレベルの高さに驚き、都内のホテルバーで働き始める。バーテンダーをするだけでは埋まらない実力の差を感じ、同時並行で自宅にお酒を集め探究を始める。300本お酒を集め、探究に明け暮れるも、限界を感じ、23歳にして自身のお店を開業。以来、お店に立ちながらカクテルの探究に明け暮れる日々。

伊藤 広光のレシピ1レシピ